金運を上げたい方へ

金運を上げたい方へ

米俵の上で踊っている神様

「金は天下の回りもの」とはよく言われますが、お金はお金が必要な人に集まって来るのが天然自然の摂理でございます。

話は変わりますが「健康になりたい」というご相談をよく受けます。「健康になりたい」と願っている人ほど、日々「不健康な生活」を送っている方が多いです。

「お金が欲しい」と願っている人ほど、「自分のため」だけにお金を使う方が多いです。人の為に使う事を嫌がります。

大事なのは心の使い方

この世は、自分の思った通りの現実が現れます。「蒔いた種は皆生える」のです。
自分が蒔いた種は、その通りの芽が生え、すべて自分に返ってくるのです。
「種」とはあなたの「心」の使い方です。「悪い種」を蒔けば「悪い芽」が生えてきます。
「良い種」を蒔けば「良い芽」が生えてきます。
「悪い種」を蒔いて「良い芽」が生えてくることは天然自然の摂理では絶対に起こり得ない事なのです。
あなたの心の使い方ひとつで、良い芽が生えて成長し、大きく実り、現実が変わっていきます。

余談ですが「言葉」は、なぜ「葉」という字を書くのでしょうか。
私たちは「声」を出して「言葉」を伝えます。
「声(こえ)」とは「肥(こえ)」なのです。
良い種(心)を蒔いて良い肥え(声)で言葉を伝えれば、素晴らしい実(現実)が育ちます。

言霊には強い力が宿っていますので、いつも奇麗な言葉を使わせていただきたいですね。

 

金運を上げるには

それでは「お金が必要な人とは?金運を上げるには?」ということですが、
世の為、人の為にお金を使う人は、金運が上がりますし、お金が集まってきます。
最初から大きなことをやらなくても大丈夫です。

親孝行のためにお金使わせてもらいましょう。
奥さん孝行のためにお金を使わせてもらいましょう。
困っている人のためにお金を使わせてもらいましょう。
そして「やさしい心」になりましょう。

あなたの器が大きくなれば、それに見合ったお金が集まってきます。
「棚からぼた餅」という、「思いがけない幸運(金運)が舞い込む」意味のことわざがございますが、
幸運(金運)が欲しい人は、まず神棚にぼた餅をセットしなければなりません。
セットしなければ、ぼた餅は落ちてこないのです。(※本当の神棚ではございません。あくまでイメージです。)
ぼた餅をセットするということは「やさしい心」になるということです。
セットできたら、「やさしい心」と「やさしい言葉」で困っている人を助けてあげてください。
いずれ必ず「ぼた餅」が落ちて金運が上昇してまいります。その日を楽しみに「やさしい心で」日々通っていただきたいと思います。

ページ上部へ